仙台キャバクラ求人

Message

自分よりも弱い相手を支配したがる歪んだ恋愛

恋愛にはいろいろな形がありますが、中には歪んだ恋愛といったものもあります。
歪んだ恋愛のひとつとして挙げられるのが自分よりも弱い相手を支配したがるというものです。もちろん、本人としては自覚がないというケースがほとんどでしょう。
ここでは、自分よりも弱い相手を支配したがる歪んだ恋愛についてご紹介していきたいと思います。

・自分よりも弱い相手を支配したがる歪んだ恋愛とは?
では、自分よりも弱い相手を支配したがる歪んだ恋愛というのは具体的にどのようなものなのでしょうか?
いろいろなケースが考えられるのですが、例えば代表的なものとしては親子以上の年齢差のある年の差恋愛が挙げられます。
もちろん、純粋に好きになった相手と年齢差があったというケースもあるのですが、自分よりも弱い相手を支配するためにあえて年下を狙っているというケースもあるのです。

こういったケースにおいては支配したがっている側というのは、支配することが愛情表現だと考えているものです。
そうすることによって自分にとって都合がいい展開になりますし、そうなることが相手の幸せだと勘違いしていることもあります。基本的には歪んだ認知が根底にあると言っていいでしょう。

・歪んだ恋愛はコンプレックスから来ているケースが多い
自分よりも弱い相手を支配したがる歪んだ恋愛というのは、コンプレックスから来ているケースが多いようです。というのも、自分よりも弱い相手を狙うことによって最初から自分の優位性というものを保とうとしているのです。逆に言えば、そうしないと自分を保つことができないのです。
本来であれば自分よりも弱い相手がいれば、優しく手を差し伸べるものです。
しかしながら、虐げられるような経験があり、そういった部分にコンプレックスを抱いている方であれば逆に自分が虐げる立場になることによって自分を守ろうとしているとも考えられます。中高年男性が自分の子どもでもおかしくないような年齢の女の子に手を出すのもまさにこの典型と言ってもいいかもしれません。ただそんなコンプレックスも話し合いで解決してあげたいですね。虐げてもOK、虐げられてもOK、両方やってみよう!人間のもているSの部分もMの部分も隠さず認め合う関係が素敵だと思います。仙台キャバクラ求人でくる女性達にも話し合いでより深い人間関係ができたらと思ってます。